なぜ、20歳になるまでお酒を飲んじゃいけないの?



アルコールの作用
 まず、アルコールは身体の中でどうなるのかについてご説明します。

 食べ物の場合は、胃を通ったあと、小腸に入ってから吸収されるのですが、アルコー ルの場合は、胃で早くも吸収が始まってしまいます。
 そして、血液に入ってから、わずか数分のうちに、全身にくまなく浸みわたります。
 そのアルコールが脳に入ると、脳の神経細胞にはたらきかけ、脳の働きを麻痺させるのです。
 これが、「お酒を飲むと酔う」理由です。

 そして肝臓で分解されるのですが、このとき、有害なアセトアルデヒドという物質が でき、これが身体にさまざまな悪影響を及ぼします。
 これがさらに分解されると、体の外に尿や汗、息などになって排出されます。

未成年の飲酒は禁止されています!
 未成年者の飲酒は、「未成年者飲酒禁止法」という法律で禁止されてい ます。

 なぜ、成人するまで飲酒は禁止なのでしょうか。
 これにはきちんとした医学的な根拠があるのです。

理 由@ 脳細胞の破壊が加速される
 1つめの理由は、「アルコールは脳の細胞の破壊を加速する」からです。

 人間は生まれたとき、だれでも約140億個神経細胞を持っています。
 これが、20歳を過ぎると、1日10〜20万個ずつ壊れていきます。
 脳の神経細胞は、一度壊れると二度と再生しないので、20歳を過ぎるとどんどん減っていくことになります。

 アルコールは、この破壊を加速すると言われているのです。
 どんどん脳の神経細胞を発達させていかないといけない、大切な未成年の時期に、脳細胞を早くも破壊させてしまうことは、その後の人生に大きく影響を与え てしまいます。

理 由A アルコール分解能力が未熟
 未成年の飲酒が危険な理由の2つ目は、「未成年はアルコールを分解する仕組みが未熟なため、全身の臓器に負担がかかるから」で す。

 アルコールは、肝臓で分解されてアセトアルデヒドという物 質になるのですが、これは毒性が強く、十分に分解されないで身体の中に残ると、全身に悪影響を及ぼします。

 未成年者は、このアセトアルデヒドを分解して無害にするために必要な酵素の働きが弱いため、大人よりも、この有害な状態で長く身体の中に留まってしまい ます。
 そのため、全身の臓器に悪影響を及ぼし、とても危険です。

 ここで特に要注意なのが、「急性 アルコール中毒」です。
 ただでさえ分解する仕組みが成人より遅いのに、「一気飲み」のように、さらに急激にアルコールを身体に入れると、いくら身体がフル回転でアルコールを分 解しようとしても処理能力を超えるため、先ほど述 べた有害物質であるアセトアルデヒドが身体に残り、動悸や嘔吐、ひどくなると意識障害、血圧低下、呼吸停止から命を失う危険性もあります。
 なお、2006年は、一気飲みによる急性アルコール中毒で、全国で2名の死者が出ています。
 一気飲みは大変危険ですので、絶対にしないようにしましょう。

理 由B アルコール依存症になりやすい
 3つめは、「アルコール依存症になりやすくなる」からです。

 アルコールを飲み続けると、脳のアルコールに対する感受性が変化し、アルコールを2、3日飲まないでいると、手のふるえ、発汗、イライラ、不眠、動悸な どが出て苦しくなります。(吐き気や下痢を起こす人もいます。)
 さらにひどくなると、幻覚(身体に虫の大群が這って来るなど)や痙攣なども起こします。これを「離脱症状」といいます。
 こうなると、自分は酒をやめたいと思っても、身体が言うことを聞かなくなり、ブレーキのきかない車のように、自分の意思でお酒をコントロールできなく なってしまいます。
 このような状態のことを「依存症」といいます。

 どのくらい飲むと依存症になってしまうかは、体質や飲み方によっても違い、男女でも違います。
 しかし、早く飲み始めればそれだけ、早くこの状態に至る危険性が高くなることは確かです。
 特に未成年者は、心身が未発達なため、適度な飲酒をするという判断力がなく、自己抑制がきかないため、依存症になる危険性が高くなります。

 また妊娠している女性の場合、飲酒によって流産、死産の率が上がり、また「胎児アルコール症候群」といって赤ちゃんにも影響をきたす危険性があります。

 さらに飲酒によって、男性はインポテンツ、女性は月経不順になるおそれがあります。

さ いごに
 また、ここで重要なことをお話します。

 飲めない人に対し、「根性がない」などといわれる場合がありますが、これは大きな誤解です。
 飲酒の強い、弱いは、生まれつきの「体質」によるところが大きいの です。
 日本人は、アセトアルデヒドを分解するための酵素のはたらきが元々弱い人が多いため、少しの酒でも、アセトアルデヒドが体内に蓄積し、吐き気などの症状 を起こしやすくなるのです。

 この体質は、遺伝によるもので、終生変わることはなく、努力で飲めるようになることはありません。
 日本人の2人に1人はこの体質であるといわれています。飲めない人にお酒を無理強いするのは、相手を苦しめることになるのです。


 未成年者の飲酒は、その後の人生の幅を大きく狭めてしまいます。
 本人だけでなく、周囲も、その自覚を持っていきましょう。



お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 保健予防課 0765-52-2647
新川厚生センター魚津支所 地域健康課 0765-24-0359


生 活習慣病・健康増進のページへ戻る