特定 疾患治療研究事業

U 入院のみ対象となる疾病(県単独制度)
  
    助成対象者は富山県に住所があり、入院の予定または入院中の方で、疾患ごとに定められた認定
  基準を満たす方です。  入院時の自己負担分の一部を公費で負担します。
  食事標準負担額は、公費負担の対象になりません。
  

  ◇お知らせ◇  
      平成27年1月1日から、7疾患が県単独制度の特定疾患から外れ、
    国制度の医療費助成制度(指定難病)の対象になります。

62 進 行性筋ジストロフィー 63 アルツハイマー病
64 ピッ ク病 66 メニエール病
67 突 発性難聴 70 シェー グレン症候群
(平成27年1月1日から国制度の指定難病へ変更)
73 B 型慢性肝炎・肝硬変 74 C型慢性肝炎・肝硬変
75 自 己免疫性肝炎
(平成27年1月1日から国制度の指定難病へ変更)
79 特 発性門脈圧亢進症
(平成27年1月1日から国制度の指定難病へ変更)

89 難 治性ネフローゼ症候群 90 急速進行性糸球体腎炎
91 多 発性のう胞腎
(平成27年1月1日から国制度の指定難病へ変更)
92 自 己免疫性溶血性貧血
(平成27年1月1日から国制度の指定難病へ変更)
92 発 作性夜間ヘモグロビン尿症
(平成27年1月1日から国制度の指定難病へ変更)
93 原発性慢性骨髄繊維症
94 不 応性貧血(骨髄異形成症候群) 95 血 栓性血小板減少性紫斑病
(平成27年1月1日から国制度の指定難病へ変更)

県単独制度特定疾患治療研究事業の新規申請手続きについて

 住所地を管轄する厚生センター・支所、保健所で手続をします。
  申請から特定疾患医療受給者証の交付まで1〜3ヶ月かかります。
  
  県単独制度の特定疾患の申請には、次の@〜Cの書類が必要です。
   @ 県単独制度用特定疾患個人票(診断書) 
   A 特定疾患医療受給者証交付申請書(3枚綴り)・・・厚生センターにあります
   B  被保険者証
   C 住所を証明できる書類(住民票・運転免許証・保険証など公的機関が証明した書類)