各種の相談・受付窓口  受付窓口

表紙へ戻る



<相談> <申請>
  1. 乳幼児の相談
  2. 思春期の相談
  3. こころの相談
  4. 女性の心と体の悩み相談
  5. エイズ相談・HIV抗体検査
  6. 肝炎ウイルス検査・相談
  7. 便・水質・食品の検査
  8. 特定疾患(難病)の相談
  9. 健康づくり協力店制度
  1. 公費医療負担申請
    (結核、精神、特定医療費(難病)、
      小児慢性特定疾病、原爆など)
  2. 医療従事者の免許申請
  3. 新たに飲食店を始めるには・・・
  4. 食品の臨時営業開設届
  5. 骨髄バンクへの登録
  6. 特定不妊治療費の助成


1.乳幼児の相談

高岡厚生センター本所及び射水・氷見支所では、乳幼児の発達などについて相談に応じます。

戻る
 

2.思春期の相談

高岡厚生センター本所及び射水・氷見支所では、思春期における不安や悩みについて相談に応じます。

戻る

3.こころの相談

高岡厚生センター本所及び射水・氷見支所では以下の相談事業を実施しています。


 こころの相談

保健師による来所相談・電話による相談は随時受付けています。
なお、精神科医師による相談は予約制ですので、事前に電話してください。
<内容>

精神科医師等による心の健康相談(うつ的、眠れないなど)・精神医療に関わる相談・社会復帰をはじめ、アルコール、薬物依存、思春期、認知症などの相談を行っています。

かかりつけ医から精神科医への紹介システムの手引き(抜粋版、平成29年1月改訂)

「精神障がい者のための地域生活支援ガイド」(高岡市・射水市・氷見市)について(平成28年11月改訂)

うつ病の知識や県内の相談機関について ⇒ 「うつ安心とやま」

戻る

4.女性の心と体の悩み相談

生涯を通じた女性の支援センター

●更年期障害 ●思春期の健康 ●婦人科疾患 ●妊娠・避妊 ●心の悩み
●その他の健康に関すること ●不妊 ●性感染症
  TEL 0766-26-8415
    相談日:月〜金曜日(祝祭日・年末年始を除く)9:00〜17:00            

戻る

5.エイズ、クラミジア感染の相談及び抗体検査について

(1)エイズ  ※6月と12月は検査体制を拡大いたします。

    高岡厚生センター(本所、射水支所、氷見支所)での相談及び検査内容は次のとおりです。

高岡厚生センター本所(地図
実施内容 実施日 受付時間 注意事項
迅速検査 毎月第1,2水曜日

H29.4 5、12、26
10 4、11
10
11 1、8
7、14
12 6、13、27
5、12
H30.1 10
2、9

7、14
6、13
7、14
午前9:00〜午前10:30
実施日の前日午後5:00までに要予約(前日が休日の場合は、直近の平日午後5:00まで)

TEL 0766−26−8414

迅速検査日は通常検査は実施しません
通常検査 毎月第3,4,5水曜日
来所相談 毎週水曜日
電話相談 月曜〜金曜日 午前9:00〜午後5:00 TEL 0766−26−8415
 祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)の期間を除く
 4月第4週の4月26日及び12月第4週の12月27日は、迅速検査を行います


高岡厚生センター射水支所(地図
実施内容 実施日 受付時間 注意事項
通常検査 毎週月曜日 午後1:30〜午後3:00 予約不要
来所相談 毎週月曜日 午後1:30〜午後3:00 予約不要
電話相談 月曜〜金曜日 午前9:00〜午後5:00 TEL 0766−56−2666
 祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)の期間を除く

高岡厚生センター氷見支所(地図)   
実施内容 実施日 受付時間 注意事項
通常検査 毎週火曜日 午前9:00〜午前11:00 予約不要
来所相談 毎週火曜日 午前9:00〜午前11:00 予約不要
電話相談 月曜〜金曜日 午前9:00〜午後5:00 TEL 0766−74−1780
 祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)の期間を除く

(注意)


(2)クラミジア

 クラミジアの検査はエイズの検査と同じ日時に実施しています。結果は1週間後にお伝えします。

戻る


6.肝炎ウイルス感染の相談及び検査について

厚生センターでは、B型、C型肝炎ウィルス感染の相談と検査を行っています。
肝炎感染不安のための検査希望の場合は、検査料金は無料です。

(1)検査項目
B型肝炎ウイルス
C型肝炎ウイルス

(2)検査日
場所 検査日 受付時間 連絡先等
高岡厚生センター本所 水曜日 午前9:00〜午前10:30 実施日の前日午後5:00までに要予約
(前日が休日の場合は、直近の平日
午後5:00まで)
TEL 0766-26-8414
高岡厚生センター射水支所 月曜日 午後1:30〜午後3:00 TEL 0766-56-2666
高岡厚生センター氷見支所 火曜日 午前9:00〜午前11:00 TEL 0766-74-1780
 祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)の期間を除く
 
(3)結果通知日
   1週間後に、来所のうえお知らせします。
   必要な場合は、医療機関を紹介します。

戻る

7.便・水質・食品の検査について


腸内細菌検査(検便)

<受付> 本   所
射水支所
氷見支所
毎週月、火曜日(8:30〜12:00) 平成29年度検査受付日
なお、検査の都合上受付できない日があります。
<料金> 一般(個人) 2,640円(赤痢、サルモネラ)
2,592円(大腸菌(O157等))
3,792円(赤痢、サルモネラ、大腸菌(O157等))
飲食・水道関係等の定期・集団  825円(赤痢、サルモネラ)
 810円(大腸菌(O157等))
1,635円(赤痢、サルモネラ、大腸菌(O157等))
・専用の容器をお渡ししますので、事前に受取にきてください。

飲料水の検査

 平成27年3月31日をもって受付を終了しました。民間の水質検査業者をご利用ください。 ⇒  水質検査業者一覧

プール水の検査、浴槽水(公衆浴場・旅館等)の検査、レジオネラ属菌の検査、放流水等の検査

 民間の水質検査業者をご利用ください。 ⇒  水質検査業者一覧
 当所での検査を希望される場合は、検査日の予約が必要です。
 事前に電話(0766-26-8418)でお問い合わせください。

食品の検査

 本所で受付けています。検査日の予約が必要です。
 検査項目・料金等は事前に電話(0766-26-8418)でお問い合わせください。


戻る

8.特定疾患(難病)の相談

高岡厚生センター本所及び射水・氷見支所は以下の相談事業等を実施しています。

療養相談会

・交流会

特定疾患患者の方が集まり、患者同士の交流や仲間作りの機会を通し、在宅における療養意欲や生活の質を高めることを目的に実施しています。
<内容>




<実施日>
学習会(病気や療養生活について 等)、コンサート、野外活動、創作活動(書道、ペン習字、オリジナルはがき、小物づくりなど)、個別指導、たよりの発行など。
内容について、参加者の皆さんで話し合い決めています。

本   所・・・金曜日の午後 月2回程度「コスモス会」開催
射水支所・・・年9回「ドレミの会」開催
氷見支所・・・不定期で年6回「水仙の会」開催
参加を希望される方は、厚生センター本所又は支所にご連絡ください。

相談・家庭訪問

・保健師による病気・日常生活・介護等についての相談を電話、家庭訪問等により行っています。
・毎年の公費負担継続申請時には面接相談を実施しています。
・ご家庭でのリハビリ指導や手すり等介護機器の相談など必要に応じ、理学療法士等との同行訪問を行っています。

戻る

9.健康づくり協力店制度のお知らせ

高岡厚生センターでは、飲食店等における、外食料理の栄養成分表示、元気メニューの普及、禁煙・分煙をすすめる「健康づくり協力店」を推進しています。

詳しくは下記までお問い合わせください。
 高岡厚生センター(本所)保健予防課地域保健班 TEL0766−26−8415(直通)

戻る

A.公費医療負担申請

 

結核医療給付

結核医療費公費負担申請
対象 医師が結核と診断した人がこの申請をすることにより、医療費について一部、又は全部を国や県が補助します。

 通院の方や入院勧告解除になった方→結核医療費の5%のみ自己負担
 入院勧告中の方 → 結核入院費の自己負担なし  

   (ただし、所得税額によって自己負担がある場合もあります。)

方法 規定の公費負担申請書により申請します。この時に他に必要な関係書類も提出していただくことがあります。

原爆被爆者各種手当

対象 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律にもとづき支給される手当としては、医療特別手当、特別手当、原子爆弾小頭症手当、健康管理手当、保健手当、介護手当の6つの手当と葬祭料があります。これらの手当は、被爆者の中には、原子爆弾の傷害作用のため生活能力が劣っていたり、原爆に起因する病気やけがのために特別な出費を必要とする人が多いこと等に基づくものです。

先天性血液凝固因子欠乏症医療給付

対象 原則として20歳以上の方が対象で、入院又は通院された場合、医療費が助成されます。

特定疾患
医療給付

平成26年12月31日までの制度です

目的 原因が不明であって、治療方法が確立していないいわゆる難病のうち、特定疾患については、治療がきわめて困難であり、かつ、その医療費も高額であるので、特定疾患に関する医療の確立、普及を図るとともに、患者の医療費の負担軽減を図ることを目的としています。
対象 表1・・・入院、通院とも自己負担分の一部又は全部が公費負担となる疾患
表2・・・入院し、高額療養費制度の自己負担額の1/3を超えた場合1/3を限度に支給となる疾患  (県単独制度)         
(旧)特定疾患等対象疾病一覧表 ←平成26年12月31日まで



難病 及び 小児慢性特定疾病の新たな医療費助成制度

平成27年1月1日からの制度です






   平成27年1月1日から難病の方への新たな医療費助成制度がはじまりました。
   @対象疾病の範囲が拡大されます。
   A患者さんの医療費の負担が変更されます。
   B富山県制度から国制度の医療費助成に変更になる疾病があります。

  下記のサイトをご参照ください。

  富山県庁健康課:
    http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1205/kj00014876.html
  
  難病情報センター:
    http://www.nanbyou.or.jp/

  富山県難病相談・支援センター:
  http://www.toyama-shakyo.or.jp/nanbyou/

  小児慢性特定疾病情報センター:
  http://www.shouman.jp/

  
肝炎治療に対する医療費助成


対象

B型ウイルス性肝炎、C型ウイルス性肝炎の完治を目的としたインターフェロン治療、インターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療。

   肝炎治療に係る医療費助成について





戻る

B.医療従事者の免許申請

 医療従事者の免許申請は以下のとおり高岡厚生センター本所及び支所で受け付けています。
 ご不明の点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。
               本所(0766−26−8413)
               射水支所(0766−56−2666)
               氷見支所(0766−74−1780)

 
 
厚生労働大臣に申請するもの

申請する
免許の種類

新規登録申請

籍訂正・書換交付申請

再交付;亡失・き損等

収入印紙

添付書類

収入印紙

添付書類

収入印紙

添付書類

医師・歯科医師
収入印紙;60,000
 

診断書
(発行の日から1カ月以内)

 

戸籍抄(謄)本
(発行の日から6カ月以内)

※医師、歯科医師、薬剤師は「成年後見登記等ファイル」に登記されていないことの証明書

※衛生検査技師は卒業証書写(原本証明済のもの)又は卒業証明書

 


 

 


収入印紙;1,000

 

 

免許証書、戸籍抄(謄)本
(発行の日からヶ月以内)


30日を経過している場合は遅延理由書

 

※申請必要事項
・氏名
・本籍
(県単位)
・生年月日等

 


 


収入印紙;3,100
 

再交付に関する調査及び意見書

 

本籍地記載のある住民票または戸籍抄(謄)本
(発行の日からヶ月以内)

 

免許証書;き損の場合のみ


薬剤師
収入印紙;30,000
収入印紙;1,000


収入印紙;書換交付手数料として
2,750


収入印紙;2,750
保健師・助産師・看護師
 

 

 

収入印紙;9,000

 

 


 

 

収入印紙;1,000


 

 

 

収入印紙;3,100

 


理学療法士
・作業療法士

診療放射線技師
臨床検査技師
視能訓練士

管理栄養士
収 入印紙;15,000
試験合格証書

栄養士免許証の写

戸籍抄(謄)本又は本籍記載のある住民票
(発行の日から6カ月以内)


収入印紙;名簿訂正1回につき
950


収 入印紙;書換交付手数料として
2,350

管理栄養士登録証

戸籍抄(謄)本
(発行の日から6カ月以内)

※30日を経過している場合は遅延理由書




収 入印紙:3,300
管理 栄養士登録証;き損の場合のみ

 
 
 
県知事に申請するもの

申請する
免許の種類

新規登録申請

籍訂正・書換交付申請

再交付;亡失・き損等

収入証紙

添付書類

収入証紙

添付書類

収入証紙

添付書類

准看護師
収入証紙;5,600

診断書
(発行の日から1カ月以内)

戸籍抄(謄)本
(発行の日から6カ月以内)

試験合格証の写(原本証明済のもの);他県合格の場合のみ


収入証紙;3,400
 

 

 

免許証書、戸籍抄(謄)本

30日を経過している場合は遅延理由書



収入証紙;4,100
再交付に関する調査及び 意見書
 
本籍地記載のある住民票または戸籍抄(謄)本

免許証書;き損の場合のみ



受胎調節実地指導員
収入証紙;4,000

標 識;3,100


看護師又は助産師免許証の写(原本証明済のもの)

受胎調節実地指導員認定講習修了証の写(原本証明済のもの)


収入証紙;2,400
収入証紙;2,800

標 識;2,500


 
栄養士
収入証紙;5,600
卒業証明書

栄養(士)課程履修証明書
 

戸籍抄(謄)本又は本籍地の記載のある住民票
(発行の日から6カ月以内)


収入証紙;3,200
収入証紙;3,600
免許証書;き損の場合の み

 
 
下記の免許申請の取り扱いは厚生センター・県を経由しないので、
取り扱い団体へ直接申請して下さい。

種類

取り扱い団体


所在地


歯科衛生士・歯科技工士
(財) 歯科医療振興財団
102-8502
東京都千代田区九段北4-1-20 
歯科医師会館内

03-3262-3381
柔道整復師
(財) 柔道整復研修試験財団
105-0003
東京都港区西新橋1-11-4
日土地西新橋ビル6階
03-6205-4731
あん摩マッサージ
指圧師・はり師・
きゅう師

(財)東洋療法研修試験財団
105-0012
東京都港区芝大門1丁目16番3号 
芝大門
116ビル6
03-3431-8771
臨床工学技士
(財)医療機器センター
113-0033
東京都文京区本郷3-42-6 
NKDビル
7
03-3813-8531
義肢装具士
(財)テクノエイド協会
162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1
セントラルプラザ
4

03-3266-6880
救急救命士
(財) 日本救急医療財団
113-0034
東 京都文京区湯島3-37-4
HF湯島ビル
7
03-3835-0099
言語聴覚士
(財) 医療研修推進財団
105-0001
東京都港区虎ノ門1-22-14
ミツヤ虎ノ門ビル
4

03-3501-6515

 
調理師試験について

 試験は毎年1回行われます。飲食店等で2年以上の調理経験のある方は受験できますが、試験 の日時等は毎年異なります。詳細については、直接、本所又は支所へお問い合わせ下さい。

戻る

C.新たに 飲食店を始めるには・・・?

  ○事前の相談
     お店の場所が決まったら、設計の段階で設計図を持って厚生センターへ 来ていただき、相談・指導を受けられることをお勧めします。

  ○営業許可申請書の提出
     営業開始予定日の一ヶ月前までには、申請書を提出してください。

       ・必要なもの
        1.営業許可申請書(その他必要書類は厚生センターにあります)
        2.手数料(新規飲食店の場合は16,800円分の富山県収入証紙を申請書に添付。
               証紙は厚生センター内の食品衛生協会でも取り扱ってい ます)
        3.営業所(調理室等)の構造を記載した図面
        4.営業所の周囲100メートル以内の見取図

       ・場合によって必要なもの
        1.申請書が法人の場合は、登記簿謄本を提示
        2.水道水以外の水を使用する場合は、水質検査成績書(26項目)

       ・食品衛生責任者について
        食品衛生責任者には、調理師等の一定の資格があるとなれます。
        それ以外の方は所定の養成講習会を受講していただきます。

  ○お店の確認検査
     お店が完成し、営業許可申請書が提出されると、営業開始前に監視員が 検査に伺います。

戻る

D.食品の 臨時営業開設届について

イベントなどで縁日、祭礼日に飲食を提供する目的で臨時に出店する時や学校祭でバザーを行う 時には厚生センターへ届出が必要です。なお詳細は厚生センターに直接お問い合わせ下さい。
 以下の事項を参照して所要の 手続きを行ってください。 

○営業種目は、飲食店、喫茶店、菓子製 造、アイスクリーム類製造、乳類販売に限定されています。 
○飲食店営業の取扱品目は、当 該施設で加熱処理されたものに限ります。
○届出用紙は厚生センターに備 えてあります。  

戻る


E. 骨髄バンクへのドナー登録

 *命のボランティア、 ドナー登録
   骨髄移植とは、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血が 行われなくなってしまった患者さんの骨髄幹細胞を、健康な方の骨
   髄幹細胞と入れ替える(実際には骨髄液を点滴静注する)ことにより、造血 機能を回復させる治療法です。
 
   日本では「骨髄バンク事業」が1992年から開始され、これまでに多くの 患者さんを救う実績をあげており、2010年10月からは、骨髄だけでなく、非血縁者間の末梢血幹細胞移植も行え    るようになりました。しかし、日 本の骨髄バンクで骨髄移植(あるいは末梢血幹細胞)を必要とする 患者さんは、毎年少なくとも2000人程度いらっしゃいま す。一人でも多くの患者さんを救   うためには、一人でも多くのドナー登録が必要 です。

 *富山県内でのドナー登録
   高岡厚生センターでは、この事業を推進するための「ドナー登録」をしてい ます。
      毎週金曜日、9:00〜11:00 電話などで予約をお願いしま す。
      高岡市赤祖父211  TEL 0766−26−8414
      
     下記の場所でも受付けております。実施日時についてはお問いあわせ下 さい。
      マリエ献血ルーム   TEL 076−451−5555 富山市 桜町1−1−61 マリエとやま6F
      新川厚生センター   TEL 0765−52−2647 黒部市 堀切新343

 *ドナー登録できる方 
      ・ 骨髄提供の内容を充分理解している方
      ・ 年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方
      ・ 体重が男性45Kg以上/女性40Kg以上の方

 詳しくは、財団法人骨髄移植推進財団・日本骨髄バンクのホーム ページ http: //www.jmdp.or.jp/  を見てください。
           ドナー登録に関するお問い合わせ: 0120-445- 445 (フリーダイヤル)
 


F.特定不妊治療費の助成

 富山県では体外受精等の特定不妊治療を受けているご夫婦に対し、治療費の助成を行っています。
なお、 高岡市不妊治療費助成事業に関するお問合せ先は、高岡市役所子ども・子育て課(直通0766-20-1381)射水市不妊治療費助成事業に関するお問合せ先は、射水市保健センター(直通0766-52-7070)氷見市不妊治療費助成事業に関するお問合せ先は、氷見市役所健康課(直通0766-74-8062)になります。
 ※富山県不妊治療費助成について、詳しくは こちらです。


※詳しくは、下記までお問合せ下さい。

   高岡厚生センター保健予防課 地域保健班 直通0766-26-8415
   高岡厚生センター射水支所 
0766-56-2666             
       高岡厚生センター氷見支所  0766-74-1780             
             

戻る