富山県立 砺波学園
本文へスキップ




療育班について 

★基本目標

 @きめ細かい個別的な支 援を通して基本的な身辺処理能力の向上を図ります。
 A障害や発達状況に応じた伝達手段を通して、コミュニケーション能力を高めます。
 B好きな遊びや過ごし方を見つけ、持続して楽しむことで情緒の安定を図ります。


★コミュニケーション ボード

  療育班の子どもたちの中に は、言葉を話せない子どもたちがいます。
 言葉の話せない子どもたちが、お友達や職員と上手にコミュニケーションを取るために
 寮内にコミュニケーションボードを設置しています。子ども達が何かを欲しい時など、
 壁に貼ってある写真を指差し要求を伝えます。
  また、指差しが出来ない児童には現物で、文字や言葉が分かる児童には文字(言葉)
 でコミュニケーションをとれるよう、一人ひとりに合わせたコミュニケーション手段を
 提示し支援しています。



    余暇ボード                         中庭への掲示
「これが欲しい」と伝えるために…                        今日は外で遊べるか、遊べないかを
子どもたちが遊びたいもの(玩具など)                  掲示しています。
のカードを掲示し、それを指で指して
職員に伝えます。




1日のスケジュール表
見通しを持って過ごせるように1日のスケジュール を
掲示しています。
スケジュールを提示したことで、
「時間まで待つ」と言うことが上手になりました。


基本理念
育成班について
療育班について
訓練部について

information

 

〒939−1436
富山県砺波市福山1164
TEL.0763-37-0157
FAX.0763-37-1522