更生相談所の業務
ホームへ戻る
1.身体障害者手帳の交付、相談
 身体障害者手帳の認定及び交付事務を行っています。
 手帳の交付を受けたいと思っている場合、手続きなど 分からない点がある方に
説明やアドバイスをしています。

 〈障害者手帳の障害区分〉
  ○視覚障害                 
  ○聴覚障害・平衡機能障害
  ○音声・言語・そしゃく機能障害
  ○肢体不自由
  ○心臓機能障害
  ○腎臓機能障害
  ○呼吸器機能障害
  ○ぼうこう・直腸機能障害
  ○小腸機能障害
  ○ヒト免疫ウイルスによる免疫機能障害
  ○肝臓機能障害



2.補装具に関する判定、相談
 身体障害者は職業や日常生活の能率をよくするため に、補聴器や義肢などの補装具の給付
を市町村役場に申請することが出来ます。その際、相談所では障害状 況や生活環境に応じた
補装具が給付されるよう市町村の依頼により判定を行っています。

 〈補装具種目〉
  ○盲人安全つえ
  ○義眼
  ○補聴器
  ○車椅子
  ○電動車椅子
  ○歩行器
  ○歩行補助つえ
  ○重度障害者用意思伝達装置
  ○児童のみ支給されるもの(18歳未満)
    ・ 座位保持椅子
    ・ 起立保持具
    ・ 頭部保持具
    ・ 排便補助具


3.更生医療に関する判定
 更生医療とは、一般の医療によって既に治癒した障害 者の方に、日常生活能力や職業能力を
回復・獲得していただくために行う医療です。
 相談所では各市町村からの依頼に基づいて、申請された医療が更生医療として適当かどうかを
判定しています。

 〈対象となる疾患の障害区分〉
  ○視覚障害によるもの
  ○聴覚、平衡機能の障害によるもの
  ○音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害によるもの
  ○肢体不自由によるもの
  ○心臓、腎臓、小腸又は肝臓の機能の障害によるもの
  ○ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害によるもの


4.巡回相談
 遠隔地域における身体障害者の利便性を考慮し、医 師、看護師、身体障害者福祉司、
理学療法士等でチー ムを組み、巡回相談を行っています。


5.その他の相談
 身体に障害をお持ちの方の日常生活等の相談に応じて います。